すみません。長文です。

読んでくださり、ありがとうございます。

久しぶりのブログになります。

佐藤学長ありがとうございます!

皆さま、ありがとうございます!

お義母さんは、6月後半から、週1で日帰り、7月には一泊できるようになっていたが、8月中頃から調子悪くなり、先生に勧められ、緩和病棟へ移った。

痛みはなく、少しずつだが好きなものが食べられる。

夫は、お義母さんが入院してから、毎日ずっと夕方、身体拭きに行っている。きつくて、出来ないときは、身体をさする。お義母さんと一緒にいれることが嬉しい。こんな気持ちになるとは、思ってもいなかった。ありがとうと言ってくれる。

佐藤学長のおかげです。皆さまのおかげです。ありがとうございます。

昨日、お義母さんに会いに行った時、夜から下血していて、きつそうだった。お父さんは頑張れというけど、きつい。もうだめかなぁと言っていた。

私にスイッチが入った。学長の満月の法則のブログの「ガン闘病中の方へ」をお義母さんに聞いてほしい。父にしたかったことをさせてほしいと、声に出して読んだ。

お義母さんは、表情が硬くなった。宗教は、散々嫌な思いをした。私は、ご先祖様代々のお寺で、徳を積むようにしてきた。と。

私は、そうですね。と聞いていて、あ!また、間違えてた!お義母さんの素晴らしさを伝えてないと気づいた。

お義母さんに5年前に支えるといって同居したのに、私の価値観から責めたことや私が切迫流産で入院したとき、子供達を見て支えてもらったことに、本当にすみませんでした。ごめんなさい。お義父さん、お義母さんのおかげでみんな元気に育っています。ありがとうございます。

幼い子供を亡くし、苦しい中、夫を育ててくれたこと、義父母が家を守ってくれたおかげで、今、子供達も甥っ子達もいる。ありがとうございます。

子供達も私も夫もみんなお義母さんが大好きです。

と、ひたすら伝えた。

お義母さんも堰を切ったように、なんで私が責められないといけないのか、孫のことも、私もきついときに大変だったとバーっと、吐き出してきた。

黄金のゴミ箱に入れるイメージをして、真我の実践唱えながら、聞いた。

私は、お義母さんの両手を握り、長女の成人式の着物は、お義母さんと一緒に選びたい。と話していた。

お義母さんもそうね。後五年ね。そこまで生きられるといいわね。その前に、七五三もあるわね。下の子と甥っ子の。と、2人でワクワクしてきた。

帰るとき、お義母さんは、宗教と誤解してるかもしれないけど、わたしは、宗教っていうなら、本当の宗教だと思っています。真我の実践、私は24時間唱えますよ!と言った。

お義母さんは、ふふふって笑っていた。とても素敵な笑顔だった。

お義母さんのおかげで、私は、さらにさらに、真我に確信が持てました。人に伝える練習をさせてもらいました。

お義母さんは、私にたくさんの愛をくれます。

愚痴ばかり言っていました。情けないです。

全て愛でした。

同居しての5年は、地獄の日々だと思っていました。

最高の日々でした。宝物です。

書き換わりました。

佐藤学長ありがとうございます!

皆さま、ありがとうございます!

お義母さん、ありがとうございます!

大好きです!!

長く長くなってしまい、申し訳ありません。

読んでくださって、ありがとうございました。

広告

投稿者: aikyoublog

小学6年の長女、4年の長男、2年の次女、3月に誕生した三女の4人の母です。 主人の両親と8人の大家族で暮らしています。